胸やけ

注意が必要な胸やけ症状

胸やけ症状がある場合は、逆流性食道炎の可能性が高いため、消化器内科を受診して検査及び治療を行う必要があります。

緊急性が高くない胸やけ

  •  一時的だけ起こる胸やけ

病院に行くべき胸やけ

  •  ゲップを伴う胸やけ
  • 胸全体が強く痛む胸やけ
  • 夜中起きてしまう程の胸やけ

胸やけを放置する危険性

胸やけの原因となる逆流性食道炎を放置すると、食道がんや胃がんのリスクが高くなります。いずれも、初期段階で治療を開始することで、病状進行と症状悪化を抑えることができます。何らかの異変がある場合は、まずは当クリニックにご相談ください。

胸やけが発生する原因

胸やけは、一般的に逆流性食道炎の症状とされます。胃酸が食道に逆流して、食道が炎症を起こし胸やけや激しい痛みが現れます。逆流性食道炎を根治するまで、胸やけが続くことが多いため、治療が必要となります。また、暴飲暴食や消化の悪い食事を避けることで、症状は改善していきます。なお、胃がんの症状でも胸やけが現れることがあるため、胸やけがある場合は軽視せず、まずは当クリニックまでご相談ください。

胸やけの診断

胃カメラ検査

胸やけがある場合は、逆流性食道炎や胃食道逆流症が疑われます。このため、胃カメラ検査を受けることをお勧めしております。当クリニックの胃カメラ検査では、経鼻胃カメラ検査または経口胃カメラ検査をお選び頂きます。鎮静剤を用いて、痛みや苦痛を最小限に抑えております。また、胃カメラ検査では、検査途中で異変があった場合、その場で組織採取して病理検査に出すことができるのも特徴です。

胸やけの治療

薬物療法

制酸剤で胃酸を抑えて経過観察します。なお、胃カメラ検査を行うことで、根本的な原因を解明できます。

胃酸分泌を抑制する

胃酸分泌を抑制するために、P-CAB(カリウムイオン競合型アシッドブロッカー)、PPI(プロトンポンプ阻害薬)を内服します。

消化管運動機能改善薬

消化管運動を調整することで、胃内容物の排出を促進し、逆流した胃酸を戻す働きを高めます。胃酸分泌抑制薬(P-CAB、PPI)と併用して使用します。

なお、胸やけの治療には、胸やけの原因特定と正確な診断、適切な治療が重要です。自己判断で市販薬を服用するのではなく、胸やけがある方は早めに当クリニックまでご相談ください。

日常生活での原因と対処方法

食べ過ぎ・飲み過ぎ

暴飲暴食は、胃腸に大きな負荷がかかって胸やけを引き起こします。また、食後すぐに横になると、胃液や胃の内容物が逆流して胸やけを起こすため止めてください。食事は規則正しく、消化の良いものを摂取してください。

高脂肪・刺激物の摂りすぎ

揚げ物やマヨネーズ・バターなどの高脂肪食品、コーヒー・アルコール・炭酸飲料・チョコレート・香辛料・柑橘類などの摂りすぎは注意してください。

胃の圧迫

便秘や肥満・妊娠中などによって胃が圧迫されると、胸やけを起こします。ベルトやコルセットなども胃を圧迫してしまいます。特に、肥満には十分注意し、食事コントロールと適度な運動を行います。食後は胃を圧迫された状態のため、食事後3時間経過してから就寝してください。

喫煙

喫煙を習慣的に行っていると、胃入口の筋力が落ちて胃もたれや胸やけが現れます。

過度のストレス

過度のストレスによって、胃の機能が低下します。このため、潰瘍を起こしやすくなるため、ストレスを溜め込まないよう上手に発散することや、睡眠時間を十分取ることが大切です。

胸やけの場合は消化器内科へ

当クリニックでは、胸やけの診察及び治療を行っております。胸やけは、逆流性食道炎が疑われるため、基本的に胃カメラ検査をお勧めしております。胸やけの根治を希望される方は、ぜひ当クリニックまでご相談ください。

お問い合わせ・ご予約Contact

電話

0977-27-3800

診療時間内はお電話でも対応いたします。

WEB予約

24時間ご予約をお受けいたします。

keyboard_arrow_up