大腸カメラ

大腸カメラをお勧めする方

下記のような症状がある方は、一度大腸カメラ検査を受けることをお勧めいたします。

当クリニックの大腸カメラ

大腸カメラ内視鏡カメラを肛門から挿入して、大腸粘膜を直接観察する検査です。大腸粘膜の炎症やポリープ・がんを早期発見するのに有効です。国内における大腸がん罹患者数は増加傾向にあり、がんによる死亡原因の上位を占めています。主な原因としては、食生活の欧米化が挙げられています。初期段階の自覚症状がないため、気付いた時にはかなり病状が進行していることも多くあります。このため、大腸がんは早期発見・早期治療が非常に重要です。大腸がんの早期発見のためにも、大腸カメラ検査を定期的に受けることをお勧めしております。当クリニックでは、日本消化器内視鏡学会の専門医が行っております。また、患者様の苦痛や不安を最大限軽減できるよう、十分配慮しております。どうぞご安心ください。

大腸カメラの目的

大腸がんや大腸ポリープは初期にほとんど自覚症状がないとされています。また、検診などで行われる便潜血検査も大腸がんなどの発見に有効であるものの、その精度はさほど高くなく、陽性あるいは陰性いずれの場合も健康状態を示す指標としての信頼性は低いのが現状です。
一方、大腸カメラ検査は医師が直接大腸粘膜を隅々まで観察できるため、早期の大腸がん、あるいは小さなポリープさえも発見することが出来るとされています。
血縁者に大腸がんを患った方がいる、リスクが高まる40歳を過ぎている、このような方は定期的な大腸カメラ検査をお勧めします。

当クリニックの大腸カメラ検査の特徴

特徴1 内視鏡専門医による安心の内視鏡検査

内視鏡専門医による安心の内視鏡検査当クリニックの内視鏡検査は、日本消化器内視鏡学会専門医が検査を行っております。どうぞご安心ください。

特徴2 鎮痛剤・鎮静剤によるリラックスした検査

当クリニックでは、患者様の苦痛や不快感を最小限に抑えるために、積極的に鎮静剤を用いて検査を行っております。検査中は会話もできるので、医師の呼びかけに応えることができます。内視鏡検査による不快感などが苦手な方も、眠った状態で検査を受けられるのでお勧めです。内視鏡検査に不安のある方は、どうぞ当クリニックまでお気軽にご相談ください。

特徴3 最新のLED光源搭載内視鏡システム導入

最新のLED光源搭載内視鏡システム導入当クリニックでは、富士フィルム社の最新内視鏡システムを導入しております。内視鏡レーザー制御技術を進化させた「BlueLASERImaging(BLI)」や、「LinkedColorImaging(LCI)」を搭載し、粘膜表面の微細な変化・炎症・腫瘍などを見つけやすくなりました。

画像強調観察BLI/LCI機能に対応

複数の照明発光強度比を制御し、白色光と短波長狭帯域光を生成して画像にするマルチライトテクノロジー搭載専用スコープを導入しています。これによって、粘膜表層の微細な変化や異常を強調し、炎症の早期発見・がんの早期発見・早期治療が可能になります。特に、LCIによって、白い部分は白く、赤い部分は赤く映し出されるため、早期がんを発見しやすくなります。また、5mmほどの微小胃がんも発見しやすくなりました。

特徴4 院内で下剤服用が可能なトイレ付完全個室完備

院内で下剤服用が可能なトイレ付完全個室完備当クリニックでは、トイレ付完全個室完備をご用意しております。ご自宅での下剤服用に不安のある方や、大腸カメラ検査が初めての方、来院までの移動が心配な方も安心して検査を受けることができます。

特徴5 無送気軸保持短縮法

大腸の形状は人それぞれ異なるため、カメラが挿入される際に大腸が大きく引き伸ばされて苦痛が生じてしまいます。当クリニックでは、無送気軸保持短縮法によって大腸カメラ検査特有の不快感や苦痛を軽減しています。患者様の苦痛や痛みを最小限に抑えるために、挿入方法を使い分けるなど丁寧に検査を行っております。

特徴6 お腹のハリを抑える二酸化炭素送気

お腹のハリを抑える二酸化炭素送気これまでの大腸カメラ検査では、空気を送りながら伸ばしたひだを観察していました。しかし、この際、送気によって起こる膨満感や圧迫感などで患者様にとっては苦痛が生じていました。当クリニックでは、空気よりも生体吸収に優れた二酸化炭素を用いて検査を行うことで、患者さんの苦痛を最小限に抑えています。

特徴7 大腸ポリープ切除が可能

大腸がんのほとんどのケースで、大腸ポリープが原因となっていることから、大腸カメラ検査の途中で大腸ポリープが見つかった場合は、その場で切除治療を行っております。大腸カメラ検査と同日に行うため、何度も通院する必要がなく、検査前の食事制限も1回で済みます。万が一、大きなポリープを見つけた場合は、大腸カメラ検査と同時にポリープ切除を行うことが困難なため、入院加療ができる連携する専門の医療機関をご紹介しております。

特徴8 検査終了後は寝たままリカバリールームに移動

検査が終わったら、ストレッチャーで寝たままリカバリールームに移動できます。鎮静剤が完全に抜けるまで、ゆっくりお休みください。

特徴9 胃カメラ・大腸カメラを同日に検査が可能

当クリニックでは、同日に胃カメラ検査と大腸カメラ検査を実施できます。同日検査できることで、来院回数が減るだけでなく、事前の食事制限も1回で済み、患者様の負担軽減につながります。

特徴10 土曜日の検査が可能

当クリニックでは、土曜日も胃カメラ検査及び大腸カメラ検査を受けられます。平日仕事などで忙しい方は、どうぞお気軽にご相談ください。

内視鏡スコープの洗浄について

内視鏡スコープの洗浄について当クリニックでは、より患者様に安心して内視鏡検査を受けていただけるように高い洗浄・消毒能力があるとされる『ENDOSTREAM』を導入しています。
これにより、内視鏡を返して感染する可能性のある病原体を殺菌することができ、また内視鏡において高い消毒実績のある「過酢酸」を使用することで患者様と環境への影響も配慮した衛生管理が整います。安心してご受診ください。

大腸カメラ検査の流れ

Step1前日

夕食は、消化の良いものを19時までにお召し上がりください。検査食も適しています。就寝前には下剤を服用します。前日は、朝からコーヒー・牛乳・アルコールの摂取はお控えください。

Step2当日朝

朝食は抜いてご来院ください。水分摂取は、水やお茶でしたら飲んで頂いて結構です。朝に内服がある場合は、起床時に服用してください。糖尿病のインスリンや内服がある場合は、検査当日は中止してください。下剤は、事前の診察時にお伝えした時間に開始して、飲み終えたら電話でご連絡ください。

Step3来院後

来院後は、便が透明色になったかを確認します。鎮静剤を用いる検査の場合は、点滴を行います。検査直前に、点滴による鎮静剤・腸の蠕動運動を抑える薬剤を投与します。検査の途中でポリープを発見した場合は、その場で切除及び生検を行うことがあります。大腸カメラ検査にかかる所要時間は、15~30分程度です。

Step4検査後

鎮静剤などを用いた場合は、覚醒するまでそのまま横になってお休みください。1時間程ゆっくりと休み、覚醒したら検査結果をご説明します。また、検査終了して2時間経過したら、飲食して頂けます。ポリープ切除をした場合は、検査終了3時間後から飲食可能です。病理検査を行った場合は、結果が出るまで約2週間程かかります。2週間経った頃に再度ご来院ください。
なお、ポリープ切除治療を行った場合は、検査後1週間程度は激しい運動・飲酒・長風呂・香辛料などの刺激物・遠方への外出はお控えください。

検査費用

検査費用は目安になります。実際の診療内容によって金額は異なります。

  1割負担 3割負担
大腸カメラ検査のみ 約2,000円程度 約6,000円程度
大腸カメラ+病理組織検査 約3,000~5,500円程度 約9,000~16,500円程度
日帰り大腸ポリープ切除 約5,000~9,000円程度 約15,000~27,000円程度

お問い合わせ・ご予約Contact

電話

0977-27-3800

診療時間内はお電話でも対応いたします。

WEB予約

24時間ご予約をお受けいたします。

keyboard_arrow_up