便潜血陽性

便潜血陽性と診断された方

便潜血陽性とは、便の中に血が混じっているかどうかを検査するものです。便潜血検査の結果、採取した便から出血が確認できる状態のことを「陽性」と診断されます。便潜血陽性と診断された場合、大腸がんや大腸ポリープのリスクが高いと言われております。
ですので陽性と診断された方は、早急に大腸カメラ検査を受けていただくことを強くお勧めします。
出血の原因は何か、どこから出血しているのか等をしっかり観察することが重要です。
まずは当院までご相談ください。

検査方法

便潜血陽性と診断された方は、大腸カメラ検査を受けていただくことで、出血の原因やその箇所を突き止めることができます。
大腸カメラ検査とは、肛門からカメラのついたスコープを挿入し腸内部を直接観察することのできる検査です。
荘園内科クリニックでは、「鎮静剤を活用し痛みを抑えた大腸カメラ検査」が可能です。
実績豊富な専門医が全件対応いたしますので、初めて検査を受けられる方、大腸カメラ検査に不安を持たれる方も安心して受けていただくことができます。

早期発見につながるきっかけ

便潜血陽性が確認された方のほとんどは痔である場合が多く、大腸がんの発見は2〜3%と言われております。痔だと思い、大腸カメラ検査を避けられる方も多いと思いますが、検査をしてみて初めて大腸がんかどうかを確認することができます。便潜血検査で陽性になったことを早期発見のきっかけと捉えて、ぜひ積極的に検査を受けるようにしましょう。

便潜血陽性の方は必ず専門機関を受診しましょう

便潜血検査で陽性が確認された方は、大腸がんや大腸ポリープの可能性も考えられます。場合によっては緊急性の高い状態であることもあります。陽性と診断された方は、できる限り早い段階で、専門医にかかることを強くお勧めいたします。

陰性の方も定期的な検査を

便潜血検査で陰性と判定された場合も油断は禁物です。便潜血検査の結果は100%正しい訳ではなく、早期大腸ガンや大腸ポリープ、進行がんが隠れていた…という可能性もゼロではありません。大腸がんは早期に発見された場合、90%の確率で完治可能と言われております。だからこそ、便潜血検査で陰性だからといって、安心せず、40歳を過ぎたらぜひ定期的な大腸カメラ検査を推奨いたします。

著者紹介

荘園内科クリニック 院長  小畑雅寛

資格・所属学会

  • 大分県立中津南高校卒業
  • 熊本大学医学部医学科卒業
  • 熊本地域医療センター 消化器内科
  • 熊本労災病院 消化器内科
  • 愛知県がんセンター中央病院 内視鏡科・消化器内科
  • 熊本大学病院 消化器内科
  • 熊本市民病院 消化器内科
  • 荘園内科クリニック

略歴

  • 大分県立中津南高校卒業
  • 熊本大学医学部医学科卒業
  • 熊本地域医療センター 消化器内科
  • 熊本労災病院 消化器内科
  • 愛知県がんセンター中央病院 内視鏡科・消化器内科
  • 熊本大学病院 消化器内科
  • 熊本市民病院 消化器内科
  • 荘園内科クリニック

お問い合わせ・ご予約Contact

電話

0977-27-3800

診療時間内はお電話でも対応いたします。

WEB予約

24時間ご予約をお受けいたします。

keyboard_arrow_up